さて皆さんは新聞を読んでいますでしょうか。
私のようなもんは「社会人ならば毎日日経を読むのが当然だ」と言うもんですが実は私は家でも会社でもとってはいますがここ2年ほどろくに読んでいません。
私の周囲に日経に書いてあったことを誇らしげに語る人がいたからです。
日経産業や日経MJまで読み込んでいれば大したもんだと尊敬したかもしれませんが所詮あなたの知識は日経新聞と日経ビジネスでしかないと感じる発言しかありませんでした。
日経を読まないと決めたまでは良かったですがYahooニュースでは程度を疑われるしどうしようと悩みました。
でも最小限のインターネット検索とテレビに加えて日々の交流から豊富な知識の蓄えがなくても何とかなるもんです。
私が学生の頃はマスコミは花形産業で内定をもらうのが本当に難しい業界でした。
先日も日経と朝日の友人とそんな話をしておりましたが今の現実を直視すれば斜陽産業化しているとのことです。
一番感じるのはどうしてもマスコミに入りたいというような熱意ある学生や良い学生が集まらないというのです。
一切合切の有象無象つまり森羅万象は変化するということ所行無常ですね。
彼らはそんな現況を嘆きながらも自分たちは楽しい人生を送れていると言っておりました。
人はなんのために働くかと言えば収入のためや生活のためであるのは当然ですが、持続的に自己成長するためや社会に貢献する喜びを感受するためでもあります。
綺麗ごとではなく本当にそう思わなければ1日のうちの半分もそれに費やすなんてできません。
ということは同一企業に雇われ続けることが全てでもないのかもしれませんね。
至誠