台湾の総統選挙がありました。
結果にはコメントいたしませんが私の周囲で気になることがおきました。
台湾国籍の方がわざわざ投票のために帰国したのです。
財政的に余裕のある人たちばかりでなく日本に留学にきている学生ですらです。
「外地なら大使館や領事館で不在者投票できるでしょ」と聞いたら不思議な顔をされ「台湾人は選挙では戸籍のある土地に帰って投票するのが当然のこと」と説明してくれました。
国が参政権をそこまで国民に植え付けていることに感激しました。
私はといえば国政選挙は気が向いたときにしか投票には行きませんし地方選挙などお恥ずかしながら一度も市民としての義務を果たしていません。
所詮たった1票だし自分の投票で態勢が変わるわけでもないと思ってしまうからです。
政見放送や選挙速報はしっかり見ており政治的無関心ではないのに今回の台湾人の行動を見ると情けない限りです。
威張りくさった国会議員どもも選挙が近づいたときだけ駅前でチラシ配りしている地方議員どももゲロが出るくらい嫌いな人種ですがならば白票でもいいから投票して意思表示しないといけません。
今回の台湾の選挙は本当に良いことを気づかせてくれました。
至誠