会長の威光が強く働いての人事で重要な部門の長に据えてる奴がおりますが本当に脳が退化しており困っています。
現場は今までの流れの中で動いていますので彼の影響がすぐに現れないというのが私にとって最大の悩みです。
このままでは将来の業績にかかわる深刻な事態を招きかねない状況なのに彼に対してレッドカードを提示すれば反旗のように思われるしイエローカードを提示すればお前の支援が足らないからだとか何故信頼して任せることが出来ないんだという理屈を展開されてしまいます。
現場も辟易としているのに彼の絶対暴君的振る舞いに怖がり当然彼の後ろに誰がいるのかも承知していて誰も何も言えない状況です。
さらに悪いことに彼にヘコヘコする連中は彼に負けず劣らぬ単細胞生物でそのような人材が重宝がられて不平等においしいめをしているのです。
なんでこんなけったいな会社になってしまったのか。
馬鹿と鋏は使いようと言いますがあのバカを使えるのは一兵卒としてであってマネジメントとしては錆びた鋏どころか紙も切れない誰かがかんだ後のティッシュペーパーで折り紙したような鋏です。
君子に三戒ありと言いますが会長はまさしくこれにあたります。
若いころの色欲その後の戦争欲そして年を取ってからの強欲です。
なんでこんなどうしようもない人間が上まで上り詰めたのでしょうか。
至誠