東京って本当に天気が良いと感じるのは裏日本に生まれ育った人なら誰しも思うのではないでしょうか。
仕事始めにあたって清々しい気分にしてくれます。
これから毎年ルーティーンの行いや行事のオンパレードです。
間違いなくこんなことやめれば生産性が上がると思います。
ここ数年でかなり我が社の慣習を変えてきたのでもっと思い切った変革に挑戦しようかと考えています。
2020はオリンピックイヤーとこれから方々でそんなスピーチを聞くことになると思いますが私は絶対使わないと決めました。
それよりもこれから10年で働き方や生き方が大きく変わることをもっと意識しようと伝えていきます。
非正規労働者問題は大きな懸案ですが極論すれば10年後は全員が限定付きの社員や契約を基にした非正規社員になっているかもしれません。
新しいビジネスも次々に現れるでしょうし新しい経営者も出てくるでしょう。
一部のインターネット企業に富が集中している問題には世界あげて取り組む必要があります。
市場経済が発展しさらにグローバル化し世界は有力な一部の企業によって動かされています。
国家という視点でも企業頼みの国家財政や国家の成長になっていることに疑問を大きくしています。
新しい思想を生む時代かもしれません。
至誠